医薬品の輸送はデリケート

subpage1

医薬品の輸送はデリケートなので、運べば良いという問題ではありません。


では、何故デリケートなのかを説明します。
1つ目は、薬の形状を壊す可能性があるから。もし衝撃で、錠剤が粉々になったらどうでしょうか。
大変な事になります。



「どうせ薬を飲むんだから、同じでは」と思う方がいるかもしれません。

実は、そんな単純な問題ではありません。
錠剤の大きさは、飲んだ後患部あたりで溶けるように作られています。
つまりタイミングがズレてはいけないのです。
ですが、錠剤が形を保てないと最適なタイミングで溶ける事が出来ません。
それでは、薬の効力が減ってしまいます。


そのため、医薬品の輸送は信頼できる会社である事が、大前提になります。


2つ目は、温度により薬の成分が変化する可能性があるから。

薬は、暑すぎても寒すぎてもダメなものです。


市販の薬にも、保管場所について詳細に書かれていますが、それは当然だといえます。


薬は、いくつかの成分を組み合わせる事で、初めて効力を発揮します。
しかし、薬の成分が変化してしまったら、組み合わさる事が出来ません。


それだけでも恐ろしいですが、最悪有害物質に変化する可能性があります。
このように、医薬品の輸送は責任重大であるといえます。



輸送中のトラブルは、その会社の責任になります。



ですが、自宅で保管している医薬品のトラブルは、自分自身の責任になります。薬は悪ではありませんが、正しく扱わない人にとってはどのように作用するか不明確です。
そのため、面倒でもきちんと管理しましょう。