医薬品の輸送は慎重に行う

subpage1

運送業で働いている人ならば知っている人が多いですが、運ぶものによって運転の仕方は変わります。基本的には安全運転ですが、精密機器などを運ぶ場合は専門のトラックを使い、運転にも細心の注意を払います。

まず、急ブレーキ、急発進、急ハンドルは絶対に駄目です。



荷台にある精密機器に衝撃を与えてはいけないからです。

野菜なども専門の冷蔵機能を搭載したトラックを使用します。
野菜は鮮度を保つために荷台の温度を一定にします。そして、なるべく早く市場に運びます。


衝撃に弱いものを運ぶときには緩衝材などをたくさん使ったりもします。


他にもクリスマスケーキなどを運ぶトラックの運転も気を使います。


クリスマスケーキは見た目の綺麗さが非常に大事です。

なので衝撃によって形が崩れることはあってはならないことです。


なので、運転には細心の注意を払います。

仮に積み荷であるクリスマスケーキを衝撃で崩してしまったとしたら、その被害を弁償する責任は運送会社が負うことになります。
なのでトラックの運転手は色々なことに気を使いながら走っているのです。
そして、意外と知られていないのが医薬品の輸送です。


医薬品も衝撃に弱く、温度管理も必要になります。

輸送するには専用のトラックを使い、計算されたルートで走行します。



医薬品は医療メーカーと専属契約した運送会社が輸送する場合が多く、一般のトラックでは輸送しないことが多いです。


それだけ医薬品は尊重に運ばれています。