医薬品輸送で重要な事項

subpage1

医薬品は非常に繊細な製品であり、ものによっては少しの温度変化や、輸送中の衝撃などによって、破損や効果の変化などが現れます。



したがって、特に厳重な注意を払い、かつ工夫して輸送しなければならず、そのための物流の技術は日々進歩しています。


まず、その中でも特に目覚ましい進歩として知られるのが、物流における低温輸送です。

これは、長期間にわたってトラックに拘束されることになる医薬品の効果を出荷時と同じ品質に保つために、高温や中温、常温や低温など様々な温度を常に一定に保っておく技術です。

この技術は世界で採用されていますが、中でも日本の技術は世界一とされるほど高いです。

これによって、温度変化に弱い医薬品の品質を保つことが可能になります。


次に、物流時の衝撃を避けることです。
道路の状態やトラックの性質上、多少の振動や衝撃は避けることができないので、そこは運転者の技術や、緩衝材などによってカバーすることになります。



ちなみに、錠剤の風邪薬に入っている空気の入った袋のようなものは、輸送時に錠剤が欠けないためのものなので、開封したらすぐに処分するようにしましょう。


次に、医薬品を輸送するスピードです。医薬品は製造されてから早めに使うほど効き目が良いものもあり、いわば生物のような性格も持ちます。



そのため、いかにスムーズに届けられるかが勝負となる場合、しっかりとした物流網と計画を立てて、各々が連携しながら届けるなどの工夫が行われています。